肌に生じるシミの詳細と対処方法

admin / 2018年3月3日

シミは表皮に生じる色素沈着の一種です。加齢や病気によって生じることが多いので高齢になるほどシミが出来やすい傾向があります。その一方でシミは肌にダメージが蓄積されることでも発生することから、若い人でも目立つ部分にシミが出来てしまうケースがあります。

シミの発生原因の中でも肌への刺激は紫外線や肌に合わない化粧品の過剰使用などが挙げられます。毎日の暮らしの中で少しずつダメージが溜まり、一定の年月が経過した後でシミになって表面化することから殆どの場合で自分の行為が肌を傷めてしまうことに気づいていません。特に紫外線による刺激は日光を長時間浴びることで生じる不具合なので、肌の露出を避けて紫外線に触れないようにするのが効果的な予防の方法になります。

目立つシミを綺麗に取り除く方法とスキンケアの重要性

肌のシミは形成されると自然に消えることは殆ど無いので、取り除くためには美容外科などの医療機関で治療を受ける必要があります。シミ取り治療は薬剤の注入による色素の分解が一般的な方法になります。注射を使った治療なので効果が早く、傷跡も残らないのが利点です。その一方で完全にシミを除去するためには複数回の治療が必要になるので費用が嵩みやすい欠点があります。また、個人の体質によっては薬剤の効果が低いので事前の検査が不可欠です。薬剤の代わりにレーザーを照射してシミの色素を分解する方法もありますが、肌の状態によって効果が左右されるので注意が必要です。

肌のシミは毎日の適切なスキンケアで発生リスクを抑えることが出来ます。紫外線などの刺激を避け、保湿クリームや化粧水で肌に潤いを持たせるのが色素沈着を防ぐのに効果的です。

シミ・そばかすには紫外線のメラニン色素が沈着したもの、遺伝や化粧品が肌に合わず炎症を起こしたものなど様々な原因があります。