発毛とは?育毛とは違う薄毛対策をしよう!

admin / 2018年3月28日

薄毛の予防としての発毛と育毛の違い

薄毛の予防をするときに育毛剤がよく用いられていますが、しばしば発毛剤と混同されてしまっています。発毛と育毛には大きな違いがあり、どちらも異なる薄毛対策として活用できるので区別するのが大切です。育毛はまだ髪が生えてくる状態のときに、髪の毛が太くしっかりと伸びるように働きかけるアプローチとなります。それに対して発毛は、既に生えてこなくなってしまった毛が生えてくるように働きかける方法です。つまり、産毛になっているような状況であれば育毛は効果を期待できますが、完全に髪がない状態では意味がないというのが基本になります。それに対して、髪の毛が弱々しい様子になっているときに発毛をしてもあまり意味がないものの、育毛をするとコシのある髪の毛になると期待できるのです。

発毛剤の成分とはどんなものか

一般的に売られている育毛剤にも発毛剤としての成分が含まれている場合があります。発毛剤の成分としてよく用いられているのは、頭皮の血管を拡張させる作用があるものです。頭皮には微細な毛細血管が張り巡らされています。そのため、ちょっとした拍子で血行不良になってしまいやすく、栄養や酸素が不足しているために髪の毛が一切生えない状況になる場合が多いのです。その対策として血管を広げて血液が流れやすくすると改善できると考えられます。このような考え方で様々な成分が見出されてきている段階にあり、中には医薬品になっている成分もあるのが現状です。薄毛の予防や改善のために発毛を活用してみましょう。

発毛を目指す時には有効成分を補う以外に、禁煙や睡眠時間の確保など生活習慣の見直しをしておくことが大切です。